清津峡 -冬- #1 

キーボードの上のF11を押すと全画面表示となり見やすいです。もう一度押すと元に戻ります


清津峡 #1-03687
ソニーα100/ソニーαレンズDT18-70mmF3.5-5.6/絞り優先(f9:1/60秒)/露出補正-0.3/ISO:200/WB:オート/撮影地:新潟県十日町市


前回の記事で「結局、貴重な晴れ間、半日ほど撮りに行ってまいりました。」
と書きましたが、ここに来るのが目的でした。


清津峡

清津峡は、上信越高原国立公園内にあり、黒部峡谷、大杉谷とともに日本三大渓谷のひとつに数えられている。清津峡の入口には清津峡温泉という温泉街がある。秋の紅葉の時期には1年で最も賑わう。

清津峡渓谷トンネルは全長750mの歩行者専用トンネルで、トンネルの途中に3つの見晴所、終点にはパノラマステーションがあり、そこから渓谷美を楽しむことができる。古くは清津川沿いの遊歩道(登山道)からの観賞が一般的だったが、1988年(昭和63年)に峡谷内で落石死亡事故が発生したため、遊歩道は通行禁止となった。その後しばらく渓谷美を見ることができなくなっていたが、地元住民や観光客から要望が多数寄せられたことを受け、安全に渓谷美を楽しむことができるよう、歩道トンネルの建設が決定。1996年(平成8年)10月1日に清津峡渓谷トンネルが開業した。

Wikipedia引用


ということでこのトンネルを行きます。実は初めてでして、ちょっとワクワク。
ホントは秋の紅葉時期に来たかったのですが、人が凄そうで止めました。



清津峡 #1-03676
ソニーα100/ソニーαレンズDT18-70mmF3.5-5.6/絞り優先(f16:2.5秒)/ISO:200/WB:オート/撮影地:新潟県十日町市

中に入ると最初のうちはこのような物があったり、後半は天井にイルミネーションがあったりします(#4で登場予定)



第1見晴所から見た雪の渓谷美。

清津峡 #1-03665
ソニーα100/ソニーαレンズDT18-70mmF3.5-5.6/絞り優先(f18:1/50秒)/露出補正-0.7/ISO:200/WB:オート/撮影地:新潟県十日町市

柱状節理に雪という組み合わせはなかなか絵になってました。



清津峡 #1-03660
ソニーα100/ソニーαレンズDT18-70mmF3.5-5.6/絞り優先(f18:1/80秒)/露出補正-0.3/ISO:200/WB:オート/撮影地:新潟県十日町市


3箇所の見晴所と最後のパノラマステーションで撮ったものを4回シリーズでお送りします。


#2へつづく
清津峡 -冬- #2へ





ブログランキングに参加しています

全般ランキング
                                               [ 2009/12/22 ] 渓谷・渓流・沢・滝 | TB(0) | CM(2)